圧着ハガキの特徴と注意点

自宅に帰った際に郵便物の確認をするのは多くの人の日課になっていることでしょう。その際色々な形式の郵便物がありますが、ほとんどがハガキか封筒です。圧着ハガキと聞くと、聞き慣れないこともあり、知らないと感じる人がほとんどでしょう。しかし、実際にはとても流通していますし、誰もが一度は受け取ったことがある形態のハガキです。普通のハガキよりは分が厚いのですぐにわかります。様々な方向に圧着する商品があるため、むやみに剥がすと大切な情報を破いてしまい兼ねません。大抵の場合、ハガキに矢印などで剥がす場所を示されています。その場所から指で持ち上げたり、ページをめくるように剥がすとどんどんと添付されていた糊の部分が剥がれていき、中の情報を見ることができます。雨の日など濡れると剥がれにくくなることもあるので注意が必要です。

圧着ハガキで伝わる気持ち

企業にとってお客様は神様だと言われるぐらい客は大切な存在です。客がいるからこそ事業を続けられます。利益を出し、従業員が食べていけることができると同時に仕事にやりがいを与えてくれます。そのような客に商用ハガキを送るだけでなく、たまには日頃の感謝を示すことも良いでしょう。一部の企業では、客に暑中見舞いや年賀状を送ることもあります。企業が毎回工夫していることが見受けられます。普通のハガキで良い所を圧着ハガキにして客の目を楽しませてくれます。圧着ハガキを受け取り、開く時の人間の心理まで考えて作成したと考えられるものもあります。もちろん送った企業やハガキのデザインを考えた人には受け取った人の表情や心理を直接見ることはできません。しかし、心を込めて作った分、その気持ちはハガキを通して客にきっと伝わっていることでしょう。

個人で圧着ハガキを作成したい人

企業から商用として圧着ハガキを受け取ることはよくあります。そのハガキのメリットに着目して、個人的に圧着ハガキを作りたいと考える人もいるかもしれません。もちろん企業だけが使える商品だと限定されている物ではありません。個人的に利用されているケースを見る機会が企業に比べて絶対的に少ないだけです。しかし、最近では個人でも用いられることがあるようです。同窓会やクラブの集まりなどの案内にも使えます。個人で作成するのではなく、作成を請け負ってくれる企業があります。注文する場合、一枚単位ではなく纏まった枚数からになる場合が多いですが、全て依頼者の希望通りに仕上てくれる上発送までしてくれる企業もあるようです。インターネットを通してやり取りされるので、難しいことや面倒くさいことは何もなく、誰でも気兼ねなく利用できます。