圧着ハガキの情報を送付する仕組み

圧着ハガキの仕組みは情報を送付する際に使用されることがあります。どんな手法で情報を送付する技術が生み出されているのかを理解すると利用する際に疑問は解消します。マメ知識としても役に立つ仕組みは、くっつくための仕組みはニスにあります。ハガキを見てみると紙と紙がくっつき、端を持って剥がせるようになっています。ニスは塗装などに使用される光沢を出すための用途としても使われることがありますが、圧着はがきの場合も同じ仕組みが取り入れられています。はがきを剥がした時、表面が透明なコーティング部分が確認できることがあります。光って見える部分がニスとなっています。ニスのほかにも粘着剤が使用されていますが、この組み合わせによって圧着部分を担う肝となっています。圧着ハガキの情報を送付する仕組みにはニスが利用されて機能しています。

圧着ハガキのはがしてくっつかない理由

圧着ハガキの一度はくっつけてはがしてくっつかない理由があります。こうしたハガキには目には見えないほどの細かいデコボコの組み合わせが、いくつも積み重なっています。理解するためにはくっつく理由を知るところが必要になります。ハガキは一度だけくっつく理由があり、圧着部分は密着しなければ紙と紙がくっつくことを意味しています。ハガキに付いているノリは印刷面の細かなデコボコに合わせて塗られていますが、一度くっつけてはがしてしまったあとは、細かな凹凸部が合わずに貼り付けの機能が損なわれて密着することができなくなります。圧着ハガキのはがしてくっつかない理由には、もうひとつの種類があり、別の理由があります。もうひとつも張り合わせる面に接着剤を塗られているところまでは同じですが、違う部分はデコボコによって紙と紙を密着させている理由ではなく、強い粘着力で紙と紙を圧着させている種類もあります。この方法が使用されている圧着ハガキは人間の力では再び貼り付けることは難しくなります。

圧着ハガキは、通販で発注出来ます。

色々な企業からお得なお知らせや、重要な取引のお知らせが届く場合がありますが、外部の人に見られる心配が少ない物に、圧着ハガキがあります。主な特長としては、単色でもカラーでも印刷する事が可能な為、様々な用途に使用する事が出来る事です。これ等は、専門の印刷会社に発注する事で、作成する事が来ますが、インターネットのホームページでも注文が可能です。利便性がり、お得な価格で短時間で作成する事が出来ます。これによって、短期間で、クライアントにハガキを出す事が可能です。圧着ハガキで、セール等のお得な情報を、素早くお知らせしたり、重要な情報も、個人情報を保護しながら届ける事が可能です。また、様々な用途に合わせて、印刷の仕方を選べたり、好きな写真を使用したりと、レイアウトを工夫出来ますから、オリジナルな圧着ハガキも作れます。